看護師年収ガイドTOP >看護師の年収について > 看護師の平均年収は?

看護師の平均年収は?について

 

看護師の平均年収は470万円。

 


この数字にはボーナスも含まれているし、休日出勤や夜勤などにつく手当なども全て含まれています。

 

この数字を高いと見るか安いと見るかは、看護師が医療行為を行なう医療のスペシャリストと言うことや国家試験をパスしなければつくことが出来ない職業ということ、また仕事のキツサなどを考えると、決して高いとはいえない数字なのかもしれませんよね。

 

でも、女性にとっては事務員などのOLをするよりも看護師として仕事をした方が2倍ぐらいのお給料を稼ぐことができるのですから、数字的には決して悪くはないのではないでしょうか。

 

「友人が離婚しましたが、看護師をしていたおかげで生活は大丈夫みたい。

 

そういう時ってやっぱり看護師はいいな~って羨ましくなってしまいますね。

 

」「僕にとっては年収480万円と言っても、それほど高給というイメージはありませんね。

 

同い年の友人なんかはもっと稼いでいるし、看護師の仕事っで体力勝負みたいな所もありますから。

 

」看護師の年収の高さは、仕事のキツさなどを考えたら手放しで喜べるというわけではなさそうです。

 

高齢化社会が進む昨今では、全国どこでも看護師などの医療に携わる人材が不足しています。

 

そのため、看護師が転職を考えたら、より待遇が良い職場へ転職する事もそれほど難しくはないようです。

 

Uターン転職やIターン転職などももちろん可能ですから、看護師の中には生まれ育った故郷で両親のそばに住みながら看護師として仕事をする方も増えているのだそうですよ。